Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
flare.IQフレア最適化ソフトウェアソリューション

多額の設備投資を行わずに、二酸化炭素排出量を削減

flare.IQ高度なフレアコントロール・プラットフォーム

Flare.IQソリューションは、メタン排出量を削減し、高効率のフレア燃焼を確保すると同時に、フレアシステムの蒸気使用量を削減することができる、高度なフレアコントロール・プラットフォームです。Flare.IQソリューションは、フレアガス流量測定におけるパナメトリクスの専門知識や実績と、ベーカー・ヒューズの世界水準の制御専門知識を組み合わせています。flare.IQは、適切なフレア制御の難点を解決するために必要なアルゴリズムを使用して、あらかじめプログラミングされています。

米国内の石油精製業者のために、flare.IQは、環境保護庁の汚染物質最大削減達成可能管理技術(MACT)石油精製部門規則(RSR)パート63.670の要件に適合できるように設計されています。お客様が規制対象外の環境でフレアを取り扱う場合でも、ベーカー・ヒューズが特許申請中のプロセス最適化アルゴリズムにより、フレアパフォーマンスについて連続的なフィードバックが提供され、蒸気と補充気体の消費を軽減して稼働費用の削減を促進します。

フレアシステム全体の効率を向上

予測モデリングを使うことで、特許申請中の蒸気制御アルゴリズムは、システム内のフレア流量条件と必要な蒸気の間の相関関係を抽出し、フレアで目視できない排出のために蒸気流量を最適化します。特許技術を通じて、flare.IQは、気体クロマトグラフィーを使って、発熱量(BTU)測定に関連する待ち時間を解消します。

flare.IQは、フレアガスの発熱量について連続的なフィードバックを提供し、オペレーターが、メークアップ/補充気体流速を動的に調整してフレアの最大燃焼効率を確保できるようにします。

RSR 63.670の順守を保証

flare.IQは、RSR 63.670を守るために必要なすべてのソフトウェアアルゴリズムを完全に備えているため、ソフトウェア開発の必要性をなくします。このソフトウェアベースのソリューションは、Modbus TCP/IPを介して既存の制御システムと直接接続し、インストールの容易なQNXベースの産業用コントローラ内に格納されます。flare.IQは、メークアップ/補充気体および蒸気流速の両方について、RSR 63.670に準拠する暫定的規制設定値をコントロール・システムに提供します。

実装費用、時間、リスクの低減

flare.IQを使用すれば、コンプライアンス期限を満たすためのスケジューリングや実装のリスクが低減されます。本製品のプログラミング済みアルゴリズムにより、制御エンジニアは、規制条件のプログラミングの作業に時間を割くことなく、フレアシステムの全体的運用を最適化することに集中できます。

地球に優しい、よりスマートなテクノロジー

flare.IQはターンキーソリューションです。フレアシステム全体の性能を最適化するように設計されています。このシステムは、精製施設が規制要件に適合し、メタン排出の問題を大幅に削減することを支援するだけでなく、蒸気と補助ガスの消費を削減することで運転コストも削減します。

お問い合わせ

ご質問・ご要望

メタンの指針に沿った調整

ベーカー・ヒューズのパメトリクス製品・サービスは、完全なフレア管理ソリューションを提供します。