Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
speed|scan rotating CT gantry

生産工場での部品検査においては、ファンビーム並びにコーンビーム型のX線CTが内部検査として用いられてきました。しかし、GE Inspection Technologiesは医療用ガントリシステムの技術を踏襲し、高速ヘリカルCTを提案致します。部品ごとに異なるサンプルの固定方法を考える時間は必要ありません、ステージにただサンプルを置けば良いのです。  


ガントリはX線源とマルチラインディテクタで構成され、医療用CTと同じようにそれらが高速回転する間の数秒間でサンプルをスキャンします。サンプルをステージに置き、事前に決められたレシピを選択するだけで、幅広いレンジのサンプルを高速に処理します。

マルチラインディテクタとファンビームからなる高速ヘリカルスキャンの恩恵は、短時間での撮影だけではなく散乱線の影響を大きく減らす事も重要なポイントです。

BMW工場での実績(ランツフート/ドイツ)

2018年より、BMWグループのランツフート工場(ドイツ)にてspeed|scan CT 64がアルミ鋳造品検査(シリンダヘッド、クランクケース、シャシーなど)を目的として稼働しております。

アルミ鋳造品検査に関してはCTを用いた100%全数検査を行っております、これは1日に100個以上の検査を意味します。鋳造欠陥となる鋳巣、気泡、砂残り、コールドランなどを非破壊3D検査にて統計的に解析を行っております。

その他の重要な側面として、開発段階の試作品の検査も含まれます。

Watch how automated industrial CT works

Get In Touch