Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

パナメトリクスについて

Panametricsロゴ

パナメトリクスは、50年以上にわたりセンサーテクノロジー業界のパイオニアとなっています。革新的な文化により、水分、酸素、液体流量、ガス流量測定のソリューションの開発を継続しています。実績のある技術は、石油とガスを含む多くの業界で広く知られています。
当社のその他の技術革新には以下があります
 : 

  • 水分計の業界標準を確立 
  • フレア用途の質量流量測定の標準を確立 
  • ガス流量用途向けの初の全溶接金属超音波トランスデューサ 
  • 天然ガス向けの初の超音波分析計

これまでの歴史 

1960 – David Chleck、Charles Ziegler、Edmund CarnevaleがPanametricsを設立

1967 – 酸化アルミニウムプローブ湿度計、初の商品化

1972 – Charles ZieglerがPanametricsを退社、Brandies Universityの教員となる

1979 – Panametricsが初の商用伝播時間逆数差超音波流量計を発表

1984 – Panametrics及びExxonが協力して超音波フレアガス流量計を導入

1987 – 相対湿度ラインを導入

1990 – 汎用ガス流量計とマイクロプロセッサベースのフレアガス流量計を発表

1991 – 熱伝導率分析計を発表

1992 – 初の超音波連続放射線モニターを発表

1993 – TransPort PT868: 革新的で軽量なポータブル液体流量計を発表

1994 – レンジゲートドップラーTransflection®を発表 

1995 – 高温・高圧アプリケーション向け、Bundle波形管トランスデューサーシステムを発表

1996 – 1または2パスの天然ガスメーター及び汎用ガスメータを発表

1999 – 汎用ガス流量トランスミッターおよび蒸気流量トランスミッターに画期的な超音波トランスミッターを採用

2001 – トランジットタイム技術を持った世界初のクランプオン形ガス流量計を発表

2001 – コンパクトで経済的な超音波液体流量計AquaTrans AT868を発表。Transport PT878流量計、プラスチック製の超高純度低速流量計UPT878を発表

2002 – PanametricsがGE Energy Management Servicesの一部門となる

2003 – PanaViewを発表

2004 – 世界初のループ電源クランプオン流量計を発表

2004 – 世界初のタグ相関、クランプオンガスメーター、DigitalFlow CTF878を発表

2004 – Sentinelガス管理輸送計とともにPanaFlowメーターシステムを発表r

2007 – 圧力と温度を統合し算出した質量流量で高温に耐えるPanaFlow Multivariable Vortex流量計を発表

2010 – 保管転送および高精度のためのSentinel液体流量計とフレアメーターにて、流量測定と性能が大幅に向上

2012 – SIL2、SIL3準拠の高温度液体超音波流量計PanaFlow HTを発表

2014 – 3ビーム液体流量計PanaFlow Z3を発表

2014 – AT868の後継機となるデジタルプロトコル採用のAquaTrans AT600を発表

2016 – フレア最適化用flare.IQを発表

2017 – 短距離直進アプリケーション向けの高精度保管用移送液体流量計Sentinel LCT8を発売

2017 – ポータブル無線超音波流量計Transport PT900を発表

2017 – BHGEの一部門となる

2017 – 高圧流体用PanaFlow Z2、プロセスガス用PanaFlow Z2Gを発表

2018 – Aurora TransportポータブルTDLAS水分計を発表

Featured solutions

Load more

お問い合わせ

ご質問・ご要望